ご相談事例

2020年3月24日

一人暮らしの女性の相続

近藤さん(女性)は旦那さんもお子さんもなく、一人暮らしをしていましたが、病気

のため92歳で亡くなりました。

近藤さんの両親や祖父母は既に亡くなっているので、兄弟姉妹が相続人となりますが、

兄弟のうち、妹1人だけが存命で他の兄弟3人は皆すでに他界しておられました。

そのため、その兄弟の子供達も代襲相続人となり、妹と計6人が相続人となりました。

近藤さんと、相続人たちは住んでいる場所も皆遠くばらばらで、お互い何年間も交流

がありませんでした。

また、近藤さんはずっと一人暮らしをしていたため、お金の管理に厳しく、亡くなる

迄自分の資産状況を親類にも決して話しませんでした。

亡くなった時、相続人の中で誰がどこから手をつけてよいのか分からない状況でした。

中でも、比較的近くに住んでいた姪が家の片付けから始め、資産状況を調べ、遠方に

住む相続人との調整を郵送で行って手続きを進めました。

資産状況が分からなかったことや相続人が多かったために、手続きに非常に時間がか

かってしまいました。

亡くなった方に配偶者やお子さんが居ない場合や、代襲相続が発生して相続人が多く

なるような場合は、相続の手続きがなかなか進まずに大変になることがあります。

そのような場合、専門家に相談することをお勧めします。

無料相談のお申し込み

ご相談〜調査結果報告まで無料です。ご予約制となっております。(土日祝も事前予約で対応可)
お気軽にお問い合わせください。

0120-13-8719
24時間受付土日祝対応可
営業時間外は留守電にメッセージをお願いいたします

※相続手続きの中には、3ヶ月以内に行わなければならないものもあります。お早めにお問合せください。
※営業時間外の留守電でのお問合せは、翌営業日に折り返しご連絡させていただきます。



ページトップへ
無料相談お問合せ